小型船舶免許取得の方法について

エンジンがついたボートを動かしたり、ジェットスキーなどを海で楽しみたい時は、小型船舶免許という免許が必要になります。この免許は、国家試験を受けて合格すると交付されます。無論試験を受けて合格するには、講習を受けなければなりません。自分で勉強することもできますが、この免許取得のための講習を受ける方法もあります。

自分で勉強していても、実技試験にはボートなどが必要であるため、実技のみこの講習を受けるというやり方も可能です。受験する時は、まず自分が取得したい小型船舶免許を選びます。免許には1級と2級、そしてジェットスキーやウェイクボードに必要な水上バイク免許と、湖川小出力限定免許があります。この湖川小出力限定免許は、湖でのバスフィッシングに必要な免許です。

その後は受講の申し込みを行います。講習は学科と実技に分かれており、取得したい小型船舶免許の種類によって、時間や内容は異なります。その後は国家試験を受けることになりますが、登録小型船舶教習所で受講した場合は、修了試験で合格すれば、免許を交付してもらうことができます。試験も講習同様に学科と実技とがあり、それに加えて身体検査も行われます。

身体検査では視力と色覚、そして聴力がチェックされることになります。このうち色覚は、夜間に船の灯火を見極められるかが合否の基準となります。ただしもし夜間に見極められなくても、日の出から日没までの時間帯に標識を識別できたら、航行時間を限定した免許を交付してもらえます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.