小型船舶免許を取りたいのですが

ボート免許等の呼び名等も付いていますが、小型船舶免許とは小型船を操縦する国家資格の事です。正式名称は「小型船舶操縦士免許」であり、車やバイク等と同じく教習所に出向いて試験に合格すれば免許を交付してもらえます。ちなみに、小型船舶免許と言っても動かすのは大型バス2台程(※24m未満)のプレジャーボートとなりますので、文字通り小舟という様なイメージでは無いと思って下さい。遭難リスクもありますので、小型船舶免許は岸からの距離で等級が定められており、全海域許可なのが1級です。

続いて5海里までOKなのが2級で他には2海里までの水上バイクがあり、最後に湖や川での限定出力縛りの2級が設定されています。全海域OKな1級を持っておけば完璧なのではとのイメージもありますが、こっちは100海里以上の航海等、専門性が高い傾向があり、一般的なマリンレジャーでは2級で事足りるという事もあって受験者数は2級が多めです。「海の一般免許」と呼ばれる事もあり、漁業やマリンレジャーが盛んな土地柄では、高校生での保有者も少なくありません。教習所には1級が満18歳で、2級が16歳で入所可能となっています。

大体の免許習得までの構造は、車やバイクの時と大差が無いです。本番試験に関しても同様で、学科と実技と健康診断の3つが課される事となります。教習所のコースによっては、実技免除がOKな場合もありますので、その辺りは最も利便性が高い物を選んで下さい。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.