小型船舶免許を取ると具体的に何が出来るようになるか

小型船舶免許は正式には小型船舶操縦士免許といい、資格名からもわかるように、取得すると水上で小型船舶を操縦できるようになります。ここでいう小型船舶は、船舶職員及び小型船舶操縦者法とよばれる法律の第2条で定義されており、原則として総トン数が20トン未満の船舶のことを指します。ただし、長さが24メートル未満で、スポーツやレクリエーションのみを目的とするものや、告示で定められる基準を満たす漁船は、総トン数が20トン以上であっても小型船舶として扱われます。小型船舶免許には一級、二級、特殊の3つの区分が設けられており、それぞれで操縦可能な小型船舶のスペックや、航行できる水域が決められています。

二級小型船舶免許を取得すると、沿岸から5海里までの水域を小型船舶で航行できるようになりますが、16歳以上18歳未満の取得者は操縦可能な船舶が総トン数が5トン以下のものに制限され、18歳に達した段階で総トン数の制限がなくなります。また、湖や川といった指定の水域のみを航行できる湖川小出力限定の二級免許もあります。一級小型船舶免許をとれば、航行可能な区域の制限がなくなりますが、海岸から100海里以上離れた海域では機関海技士を同乗させなければなりません。特殊小型船舶免許を取得すると、沿岸から2海里までの水域で水上オートバイを操縦できるようになります。

この区分は取り扱いも特殊となっており、一級や二級の免許を取得済みであっても、水上オートバイに使用するためには特殊小型船舶操縦士免許が必要です。一方で、水上オートバイ以外の船は特殊小型船舶操縦士では操作することができず、一級もしくは二級の免許が必要になります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.