小型船舶免許の教習所で空いているシーズンと場所

小型船舶免許教習所へ通う場合、空いているシーズンに行きたいと考えている人は少なくありません。実際に様々なところがありますが、多くの先達たちが明言する空いているシーズンは、12月から2月の間で太平洋側だといいます。理由の一つに日本海側では雪が非常に多く降るため、海が荒れてしまって船を出せないこともあるからです。春は学生たちが卒業をして春休みになるため、このシーズンに受講して取得したいと考えている人が多く、夏はマリンシーズンの真っただ中であるため、非常に混雑しています。

梅雨時などは海が荒れて船を出せないこともあるため、実技教習にならずに教習を完了させるまでに時間が必要となることもあるため、注意が必要です。小型船舶免許教習所へ通う場合、天候も考えないと実技をクリアできないため、天候が穏やかなエリアで取得したほうがいいといわれています。比較的冬に太平洋側にあり、穏やかな気候で取得が容易と考えられているのは、沖縄県です。沖縄県の場合比較的温暖で冬季であれば比較的雨の降る割合が多くないため、取得するときには非常に便利な環境が整っているといいます。

マリンスポーツのシーズンを外しているため、それほど混雑していません。小型船舶免許教習所へ通うには、ぴったりの環境が整っているのがポイントです。ただし通う時には予約をするときに希望している日時の天候を事前に確認しておくこと、適切に学習に集中することが必要となります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.